FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

カテゴリ:馬券収支改善に本気で取り組む の記事リスト(エントリー順)

馬券収支について(6)

kage

2013/12/10 (Tue)

「ヒモ抜け」

かつて、私が何度もやって大穴馬券を逃した単語です(笑)

10万馬券も数回・・・・

外した後の精神的ダメージはかなりキツかったです。

これについても、現在まとめ中の

 「私はこうやって「赤字競馬」から抜け出しました(自身で体験した実話です)」 

で触れています。

12月初旬にまとめきる予定でしたが、書きたいことが沢山あり、

少し遅れそうです。。。


  関連記事:馬券収支について
         馬券収支について(2)
         馬券収支について(3)
         馬券収支について(4)
         馬券収支について(5)

馬券収支について(5)

kage

2013/12/04 (Wed)

「過去を検証する」

という解釈において、重賞レースなどの傾向分析があります。

「このレースは1番人気馬が不振とか、5歳牝馬が好走する・・・」

などというもの。


しかし馬券収支を黒字に改善しようと考えた場合、こういう視点で

馬券を検討し続けても好結果は望みにくい・・・・

もっと別な切り口で馬券を考える必要があります。



 「私はこうやって「赤字競馬」から抜け出しました(自身で体験した実話です)」 



引き続き内容まとめて作成途上ですが、作成しながらさわりだけ書いてみました。


  関連記事:馬券収支について
         馬券収支について(2)
         馬券収支について(3)
         馬券収支について(4)

馬券収支について(4)

kage

2013/12/01 (Sun)

  「私はこうやって「赤字競馬」から抜け出しました(自身で体験した実話です)」 

だいぶまとまりました。

新しい知識つけず、今やっておられる皆さんの馬券手法に少し手を加えれば
馬券収支は改善できます。
そのためにお金はかかりません。
知恵と労力さえ惜しまなければ・・・・

「しょせん競馬はギャンブルだ!」「カンとその日の思いつきで勝負!」ーーーー
こういう馬券買いでは苦しいです。。。
ギャンブルですが、かといってそのひと言で片付けていては財布の中身は薄く
なるばかり・・・・

「競馬だから」のひと言で片付け、ほぼ大半の競馬ファンがやってないことがあります。
「競馬」でなければ、それは別段特別なことでなく、ごく当たり前のこと。

そのことが、生涯馬券収支を黒字にするか赤字にするかの分岐点です・・・・・
(実体験より)

  関連記事:馬券収支について
         馬券収支について(2)
         馬券収支について(3)

馬券収支について(3)

kage

2013/11/29 (Fri)

軸馬を選ぶ際、目線が毎回ぶれていませんか?

「この1番人気は強いだろう。ここは逆らえない・・・」

「新聞に◎◎◎◎がずらり。伸びしろありそうだ」

「混戦。ここは展開から差してくるこの馬でいけそう・・・」


こういう感じで軸馬を選んでいる方、馬券成績よくないのではないでしょうか??

いずれも根拠があいまいですし、そのわりに検討の際に非常に頭を使ってあれこれ

考えますよね?そのわりに成果は低い・・・・・


「〇〇競馬場の芝〇〇mで、1番人気が〇枠に入った場合の、〇枠に持ちタイム
1,2位馬がいるレースのみ買いレースとし、それを軸にする」

「ハンデ戦で1番人気より前走タイムが上の馬がいるレースのみ買いレースとし、
それを軸にする」

こういうのなら、軸馬選びは迷いません。時間と労力も短縮され、しかも長い目で
見れば収支も安定してきます。。。


これについても、おとといブログに書いた
 「私はこうやって「赤字競馬」から抜け出しました(自身で体験した実話です)」 
のまとめで記載しています。

馬券収支について(2)

kage

2013/11/28 (Thu)

「枠連の人気」という馬券検討の切り口を皆さんご存知でしょうか?

11/24のジャパンカップ、枠連の人気上位組み合わせは以下の通りでした

                  オッズ
     1人気  2-4    3.8
     2人気  4-7    4.0
     3人気  2-7    8.6

この場合、1,2人気どちらにも入っている4枠が「1番人気枠」となります。
以下、2番人気2枠、3番人気7枠。そして4枠絡みでオッズの低い順から
4,5,6番人気枠となっていく考え方です。

昨日ブログに書いた
 「私はこうやって「赤字競馬」から抜け出しました(自身で体験した実話です)」 
のまとめで枠連人気についても書いているのですが、枠連・馬連を中心に馬券を
組み立てる場合、多くの方が認識していない事実があるんです。。。
私も20年間気付かずに、ずいぶん損失を膨らましたのです(笑)