意外と当てにくかった天皇賞

クラレントのまさかの逃げには驚きましたが、結果的にヒモが荒れた
レースになりましたね。
手元に新聞が3つありますが、各紙とも本紙予想不的中です。
ステファノスは微妙に買いにくかった??

         ブック  サンスポ   大スポ
 ラブリ-    ◎    ◎       ▲      
 ステファ   無印   無印     無印    
 イスラ     △    △      無印


<11/1 スポーツニッポンより>
【天皇賞・秋】ラブリーデイ 直線抜け出し完勝!今年重賞6勝目

 「第152回天皇賞・秋」(G1、芝2000メートル・晴・良)は1日、東京競馬場11Rで行われ、浜中騎手騎乗の1番人気のラブリーデイ(牡5=池江厩舎、父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ)が通算2度目のG1制覇。重賞4連勝を果たした。勝ち時計は1分58秒4。

 エイシンヒカリが先行するかに思われたが、スタート直後にレースをリードしたのはクラレント。エイシンヒカリは2番手を追走した。カレンミロティックが3番手に付け、ラブリーデイは4番手付近に位置を取った。

 3、4コーナー中間でも先頭はクラレントで、ほぼ並走の2番手にエイシンヒカリ。4コーナーを曲がったところでエイシンヒカリが先頭に立った。ラブリーデイは3番手に付け、好位置をキープしたまま直線に入った。

 直線の半ばに差し掛かったところで、ラブリーデイが前を行く2頭をかわして先頭に。捉えられたエイシンヒカリは後退した。先頭に躍り出たラブリーデイは、そのまま危なげなく1着でゴール。終始、好位置をキープし続け、直線で抜け出す完勝劇だった。

 混戦となった2番手以降の争いは、1/2馬身差の2着に10番人気のステファノス、そこから3/4馬身差の3着に6番人気のイスラボニータが入った。

 ラブリーデイは、今年6月の宝塚記念に続く通算2度目のG1制覇。全成績は25戦9勝、うち重賞は6勝。

 

競馬予想D 他の競馬予想も見る



アフィリエイター募集中!

1番人気馬取捨の解説

時計上位馬は必ず穴馬券に絡む!

2年間黒字になった3連複の買い方を素人が発見!

「6番人気以下」の馬を見極める目を養えば競馬は勝てる!

恋暦占術

1日30分で継続して毎月30万円以上儲かる完全マニュアル

上流業界プレミアム

中央競馬特別レース予想

【鉄板シリーズ完全版】(PC版) 

毎週日曜日の重賞限定予想!

この記事のトラックバックURL

http://keibakousi2012.blog.fc2.com/tb.php/983-d2716c96

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99