FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

統計データを取ることの重要性

kage

2013/04/16 (Tue)

競馬は毎回強い馬が順当に勝つのではありません。さまざまなファクターが絡み合い、
順当な結果から波乱の決着までランダムに出現します。

角度を変えた見方をしてみます。
16頭立ての場合、着順を1~16番の数値の並び替えゲームだと仮定すると・・・
何万回とレースを繰り返すと、統計学上、各馬番が均等に各順位に出現する結果になり
ます。
馬番に視点をおくと、出現は均等になりますが、基準を単勝人気順に変えてみた場合、
当然ながら上位人気ほど上位着順にくる確率は高くなります。

このような発想をひとひねりしてみます・・・・
何かの拍子に、一定のレースのみ買い続けたら収支が黒字になりそうな買い方が見つか
ったとします。この場合、これに着目してある程度データを蓄積します。100,200とデー
タサンプルを増やしていき、結果は黒字キープで〇。
では、これをどの程度までデータ蓄積すれば信頼度のおける買い方と言えるのか?

私が読んだ下記の本の48ページにはこう書いてあります・・・・・
  →日本初のノーベル賞受賞者、湯川秀樹博士がこうおっしゃった。「発想は5年間は
   たんなる思いつき。統計と数値に裏打ちされ、はじめて信頼できるものになる」
  →『万葉集注釈』の澤瀉久考博士の言葉も脳裏に刻まれている。
   「研究は10年でスタート、20年で骨格ができあがる」

「勝ち馬」統計学 (講談社プラスアルファ新書)

中古価格
¥1から
(2013/4/16 02:03時点)




偉大な2人がこう言うのですから、重みのある言葉です。このくらいの単位で統計を取り
続けて、初めて信頼の出来るデータということになります。
「そんな長期間、自分には出来ない」と投げ出した時点で負け。。。

<大数の法則>の理屈からいって、戦略なき馬券を買っている限り、トータル収支は回
収率75%を超えることは絶対にありません。。。

ちなみに私ですが、2008年からデータを蓄積し、黒字可能性の馬券法をいくつか見つけ
ております。ただ、上記偉人2人の示すデータ蓄積期間(5年~20年程度)までは足りて
いないため、100%信用出来るかが不確実なところであります。


関連記事:<大数の法則>策のない馬券購入は必ず負ける


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへにほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック