馬連を買う場合はこの基本を知っておかないと話にならない・・・・

単勝、枠連、3連複をはじめ、多くの人が馬券を買う中で
比較的人気が高いのが馬番連勝です。
3連複も人気ですが如何せん買い目が多くなるのがネックで、
馬連の場合は上位2頭を当てれば的中ということで3連複
よりも買い目は抑えられてしかもそこそこ高配当も期待出来る
という点も多くのファンに受け入れられているポイントと考え
られます。

ただし、「たかが馬連」となめていたらなかなか馬券的中への
道は開けません。また、たまに高配当を当てても収支は大幅な
マイナスということにもなってしまいます。
従ってきちんと馬連というものの正体を知っておくことが必須です。
その正体とは・・・?
これについては、単勝人気を基準に考えておくことが必要です。
大まかに言いますと、1競馬場1日12レースのうち、おおむね
下記の確率で上位2頭の組み合わせが決着します。

  ①1~5番人気内の馬同士で決着・・・おおむね7レース
  ②「1~5人気のうち1頭」ー「6番人気以下の馬」の組み合わせで決着・・・おおむね4レース
  ③6番人気以下同士での決着・・・12レース中1回あるかないか程度


ちなみにこの①~③については、テレビ中継や予想紙では一切
書かれていません(少なくとも私は見たことがありません)。
ただし、これを知っておかないと馬券作戦も何もあったものではないと
思います。

  詳しくはコチラでご覧ください
        ⇓
  負けない馬券術構築のために、まずはこの発想から!
  馬連を単勝人気から検証!



アフィリエイター募集中!

専門紙やスポーツ紙で公表されないデータシリーズ ~その1

時計上位馬は必ず穴馬券に絡む!

戦略なき馬券は、永遠に負け続けるという事実・・・

2年間黒字になった3連複の買い方を素人が発見!

2年間黒字になった3連複の買い方を素人が発見! (その2)
  
「6番人気以下」の馬を見極める目を養えば競馬は勝てる!

負けない馬券術構築のために、まずはこの発想から!

コメント


管理者のみに表示

トラックバック