FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

桜花賞の力関係

kage

2013/04/04 (Thu)

桜花賞の枠順が出ました。
「週刊競馬ブック」を参考に、これまでのレース実績から力関係を
比較してみました。

 ◎ 13 クロフネサプライズ
 〇 12 トーセンソレイユ
 ▲  3 クラウンロゼ
 △  5 ウインプリマベーラ
 △  6 ローブディサージュ
 △  7 アユサン
 △ 14 レッドオーヴァル

◎クロフネは、夏の小倉での12芝の2走以外は崩れなし。暮れの
阪神JF、前哨戦のチューリップ賞と、2走連続して今回と同じ
阪神16芝で好走。
〇トーセン、▲クラウンは、いずれも負けなし。クロフネと対戦し
ておらず、今回走ってみて力関係が明らかに。
△以下は、いずれもクロフネに阪神JFかチューリップ賞で完敗の
ため、客観的に見てクロフネを負かすとは考えにくい。

明日、新聞を買っても私が書いたのと似たような予想だと思います。

当日、結果はどうなるでしょうか?強い馬が毎回順当に勝つ。。。
競馬でこんなことばかりが起こるはずがありません。
いろいろな要素が絡み合い、一つ狂えば結果は大波乱!!
こういうことが競馬ではしばしばあります。


今回の1番人気クロフネですが、探せば下記の通り不安要素はあります。
 ・2走前は15番人気と気楽な立場での好走。前走は開幕2週目で先行
  有利な馬場での逃げ切り。しかも2走とも比較的内目の7番ゲート。
  今回は13ゲートと先行タイプには不利な外目の上、人気を背負う逃
  げ。何かに絡まれ、息の入らない流れになる可能性あり。
  
 ・先週の阪神芝のレースを見ていると、外からの差しも決まる馬場に
  なっており、逃げ馬有利な馬場状態とは言えない。

 ・無敗で桜花賞に臨んでくる馬が2頭いる(トーセンソレイユ、クラウ
  ンロゼ)。いずれもクロフネとは初対戦。この2頭がクロフネより
  能力上位の可能性あり。

 ・夏の小倉とはいえ、すでに着外が4着以下が2回。去年のジュンテル
  ドンナや、ブエナビスタのような女傑でない可能性高く、意味不明な
  凡走の懸念あり。。。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへにほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック