FC2ブログ
2013 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 07

ホントに黒字の人が予想を売ると損をする話

kage

2013/06/18 (Tue)

6/16(日)東京12Rを例にとって、題名の件を解説します。

  1着 シベリアンスパーブ 5番人気
  2着 アンブリッジ     12番人気
  3着 アンスポークン    8番人気

  馬連    25390円
  馬単    42800円
  3連複  180830円
  3連単  823100円

この話は、自身の馬券がマイナスの場合、まったく考えつかないことだと思います。
(何となくは分かっていても、しょせん自分には縁のない話だと脇に置いてしまい
 がちです・・・・)。

このレースは波乱でした。3連単は823,100円の高配当。
3連単にどれだけの票が投じられたか?票数と的中数は以下の通りです。

  票数    4851589・・・A
  的中票数     435・・・B

票数の詳細は、以下から確認できます。
  JRAホームページ → デ-タファイル → レース成績データ → 成績表(PDF) 



票数というのは、1票=100円のこと。要するにこのレースの3連単に、
485,158,900円の投票がなされ、うち43,500円分が的中となったわけです。
単純計算だと、A÷B=11,153倍=1,115,300円の配当。しかし、公営ギャン
ブルであるJRAが25%+αを間引きするため、実際の配当は823,100円となり
ました(計算上、26.2%JRAに抜かれてることになります)。


仮にこのレース、ある競馬予想会社が100人に予想を売り、全員が購入して的中した
ものと仮定します(このレースの全予想点数10点、オール100円単位買い指定と仮定)。
ここで、この予想会社に関係ない人のみ馬券を買っていたと想定すると、以下になります。

  票数    4850589・・・C
  的中票数     335・・・D
  的中配当  (C×73.8%(JRA間引き))÷D=10,685

配当は106万円。しかし、予想会社の予想で100人が上乗せで予想を買ったため、
配当が23万円も減ってしまう結果となりました。

予想会社の相場はいくらなのか?自分は詳しくないですが、仮に1開催1万円程度
だとすると、8日で割れば1日1250円。
1250円×会員100人=125,000円/日の情報料収入です。

しかし、ホントにこの予想に自信があれば、この予想を人に売ると思いますか?
100人に売って的中したら配当が23万円も下がる・・・情報料収入の10万程度より、
自分で500円なり、1000円なりでこの買い目を買った方がはるかに儲かります。
1000円買ってれば、払戻金は1000万円程度になるわけで。。。

何が言いたいのか分かりますか(笑)??
予想会社は高配当が当たらないんです(笑)。当たらなくて、自分で馬券で儲けられない
から、他人に予想を売ってその情報料を得てるんです。
そもそも「人気」の予想会社に入会するメリット、何もありません。当たっても同じ目を
買ってる人が大勢いる=その分配当は少なくなる、、、
上の計算の例からもこれは明らかな事実です!

私も以前、自分の予想を売って少しでも懐の「たし」にしようと考えた時期ありました。
しかし、ある平場レースで高配当を当てた時、「このレースをあと10人が当ててたら配
当はどうなったのか?」と考えて計算してみました。
そして、愕然としました。。。
そのレースはローカル平場のため、票数(私が購入したのは3連複)は400,000
程度。上記6/16(日)東京12Rの約10分の1でしたが、なんと10人多く的中して
いたら配当が22万円程度も下がってしまうという計算になりました。

というわけで、当ブログでも買い目公開はその一部抜粋のみ、過去実績は有料公開
とし、予想会社的に毎日お金とって予想を出すことはしないで現在に至っています。。。
そもそも私の購入法は、黒字実績あるとはいえ、「3連複総流しという雑な買い方」
「低い的中率」という弱点があり、適度に毎週コンスタントに黒字出したい方には向か
ないので、真似される方はほぼいないと思ってますが(笑)・・・

ちなみに「ある平場レース」とはコチラです⇒2012年10月27日新潟8R