私のシステム馬券は絶不調!今は我慢の時

システムを研究し、機械的に馬券を買い続ける。。。。
これをやり続けるうえでの、よい面、悪い面も経験する始末となっています(笑)

下記の表は私がデータ蓄積し、これでいけると組んだシステム馬券の収支グラフです。
(実際に馬券を買い始めたのは2011年末~)
あえて金額は載せませんが・・・・

よくよく見れば、2012年3月頃からほとんど収支が増えず、足踏み状態です。
去年の9,10月に過去最高額まで上り詰めたものの、その後8か月に渡ってその貯金を
いっきに吐き出す始末・・・。この間、10万馬券的中も今年3月の1回のみで、今年2014
年上半期の成績はさんざん・・・・

ただし、システム馬券というのは辞めるわけにいかないんですよね。
似たような買い方をされた経験ある方ならわかると思いますが、辞めた途端、超高配当が
来るんです・・・(若いころ、私も経験ありです(笑))。その時の後悔と言ったら言葉にも出来
ません。
それとグラフを見る限り、
  ・2008年からのトータルはいぜんとしてプラス推移中
  ・過去にもズルズル右下がりになった期間あるが、必ずそのマイナスを一挙に返す高配当が
   的中し、グラフがV字回復している(3~4回あり)
  ・2008年からここまでのグラフの波を見る限り、今後10年、15年で一挙に右肩下がりに
   なるとは考えにくい。

という傾向がみられます。

心の拠り所みたいなものですが、私もこの波に乗って買い始めてまだ2年半ほどです。
現状、何も打つ手はありません。ただただシステム馬券が好調期に入るのを待つのみ
です。
とはいえ、去年末からのグラフ急降下はかなりメンタルに悪いので早く不的中期間を
脱して欲しい。。。

馬券というのはホント難しいですね。安定的に少しずつ黒字を出して、トータル収支そこ
そこ、たまに万馬券当てたりしてコンスタントにいい結果維持されてる方っているんでしょ
うかね(笑)・・・?

  ※毎開催日に掲載の「本日の買い目」は、私のやっているシステム馬券の中の
    抜粋版です(表題の通り、2011年からの累計は黒字ですが、ここ1年は
    足踏み状態で進行しております)

不調グラフ








穴専ー駆け出し競輪予想(PC版)


超お得!遊びホーダイ

No.1恋愛コミュニティ!

2年間黒字になった3連複の買い方を素人が発見! (その2)

前作をご覧頂いた方、お待たせいたしました。
前作からの続きで、2013年4月~2014年3月までの収支明細表が完成しました。
この期間は大きな黒字を計上できず、プラスマイナス維持という推移でした。

レジまぐ商品の購入はこちら!
レジまぐ商品の購入はこちら!


 ※前作「2年間黒字になった3連複の買い方を素人が発見!」と合わせてご覧ください。

  前作と合わせ、2011年1月~2014年3月までの3年3か月で、回収率140%、
  複数回の10万馬券が的中している馬券買い手法です。
  (システム的に購入)。

  しかし、的中率がかなり低いのがネックですので、これをアレンジされて皆さんなりに
  ベストな馬券術を作っていただければ幸いです。


私はこうやって「赤字競馬」から抜け出しました

競馬を始めて21年間毎年赤字だった私が、黒字に転換出来るまでの経緯を

まとめました。数々の失敗をもとに、人と同じ手法をとっている以上は絶対に

勝てないと考え、本気で黒字にしようと取り組んだ実話を書きました。

収支詳細表をまじえましたので、85ページにも及ぶ長文になってしまいまし

たが、読んで頂けると普通の素人でも馬券に対する考え方、取り組み方一つで

黒字にできるんだ、ということが分かって頂けると思います。

画期的な馬券新理論を発表するものではありません。

ごくごく普通の発想で、勝つ為にはどうしたらいいのか?を考えた結果です。

ただ、この「ごく普通の発想」も、ギャンブルという世界ですから、皆さん

あまりふだん気にかけてないことだと思うんです・・・・

レジまぐ商品の購入はこちら!
レジまぐ商品の購入はこちら!

  関連記事:馬券収支について
         馬券収支について(2)
         馬券収支について(3)
         馬券収支について(4)
         馬券収支について(5)
         馬券収支について(6)
         馬券収支について(7)


勝つ馬券フォームを自分で作る! ~そのためのノウハウ~

戦略なき馬券は、永遠に負け続けるという事実・・・

負けない馬券術構築のために、まずはこの発想から!

2年間黒字になった3連複の買い方を素人が発見!

素人が考えた高配当馬券が獲れる軸馬抽出法

絶対に買い目に入れられない馬

12/14(土)中京11R愛知杯
3 リラコサージュ

前走秋華賞、15番人気で3着と激走しました。
前々走ローズS18着からの大幅な変わり身でしたが、
このローズSが極端な道悪だったとはいえ、勝ち馬デニムアンドルビーから
2.9秒もの差をつけられた馬を本番のG1で馬券を買えるか?

買えません(笑)。だから秋華賞は15番人気だったのでしょうが・・・

自分で軸、ヒモとも考えて馬券を買っていると、このように普通の思考では
「絶対に買い目に入れれない馬」というのがいます。
私がかつてこうやって馬券を買っていた時代、このリラコのようなタイプは
絶対に拾えなかったです。

頭の中で無意識に、「力あっても直前のレースで大敗した馬は調子悪いと見て、
消しが正解」と考えてるんです。
そして、大半がそういう結果になります。

が、ごくごくまれにこのタイプが馬券に絡んで超大穴馬券が出現します。
ここで自分のヒモ選びに自信がなくなります(笑)・・・
何でこんなのが走るの??
動揺とともに、納得いかない・・・・

しかし、馬券とはこういうもの。しょせん、人間の考えなんてしれたもの。
もっと大きな力が働いて、馬券というのは構築されている・・・・

こんな考えが積み重なり、私は「ヒモ」を自分で考えるのを辞めたんです(笑)

馬券収支について(7)

 「私はこうやって「赤字競馬」から抜け出しました(自身で体験した実話です)」 

完成しました。

これから販売の申請をし、審査に通れば公開出来ますので、あと1週間くらいかかるでしょうか・・・・

85ページにも及ぶ大作? になってしまいました(笑)


  関連記事:馬券収支について
         馬券収支について(2)
         馬券収支について(3)
         馬券収支について(4)
         馬券収支について(5)
         馬券収支について(6)

Template Designed by DW99