FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

カテゴリ:GⅠレース の記事リスト(エントリー順)

NHKマイルカップ 1番人気馬は牝馬のグランアレグリアの見通し

kage

2019/05/02 (Thu)

5月5日に開催される今週のG1レースは3歳馬限定の
NHKマイルカップです。
下馬評を確認すると桜花賞を制してここに出走してくる牝馬の
グランアレグリアが1番人気になりそうです。

1番人気馬というのは多くの人から期待を集めるものですが、
実際にどれくらいの確率で勝つのか?さらには連対するのか
ご存知でしょうか?
答えは勝率約3割、連対率約5割です。
この確率が高いと感じるか低いと感じるかは人によって違うでしょうが、
私はこの事実を知った時、「この程度なのか・・・」と思った次第です。
知ったのはもう25年くらい前になりますが・・・



  ※現在ブログをこちらに随時移行中です。
     移行先はコチラ ⇒ 3連複で累計収支黒字の手法を編み出した素人のブログ



当ブログでは毎開催日、こちらで3連複買い目を公開中です。

 ※買い目掲載はこちら
    ⇓  ⇓
  購入する!

勝つ馬券フォームを自分で作る! ~そのためのノウハウ~



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへにほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ     
競馬 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]競馬ブログ・ランキング     

【大阪杯】 サトノダイヤモンドが国内レース初の着外

kage

2018/04/02 (Mon)

今日の大阪杯、サトノダイヤモンドの復活に期待しましたが
ダメでしたね・・・
昨年の海外遠征以降、調子を崩したのか?やや心配です。


4/1 スポーツニッポンより
【大阪杯】ダイヤモンドは内枠アダで7着

 3番人気のサトノダイヤモンドは2番枠から動くに動けず、7着に終わった。
 2角は5番手で回ったが、向正面で外の馬が上昇したことで3角では12番手。直線は外に持ち出したが伸びきれなかった。戸崎は「スローで内で動けず、どうにもならなかった。3〜4角もゴチャついた」と言葉少なに振り返った。





即PAT登録の際は同時に楽天銀行の口座開設を!



アフィリエイター募集中!

専門紙やスポーツ紙で公表されないデータシリーズ ~その1

時計上位馬は必ず穴馬券に絡む!

戦略なき馬券は、永遠に負け続けるという事実・・・

2年間黒字になった3連複の買い方を素人が発見!

2年間黒字になった3連複の買い方を素人が発見! (その2)
  
 「6番人気以下」の馬を見極める目を養えば競馬は勝てる!

エ女王杯 こじはるちゃんの本命はどっち??

kage

2017/11/12 (Sun)

11/10の夜11時前に「ココロの扉」という3分くらいの番組が
関西テレビで放送されていました。
エ女王杯の話で元AKB48のこじはること小嶋陽菜ちゃんがこの
番組に登場し、この番組内では本命を11ディアドラと話していたの
ですが、今日買ったスポニチにはヴィブロスを本命としている・・・(笑)
こじはるちゃん、本当はどっちなの??(笑)


11/11関西版スポニチではヴィブロスを本命にしていますが・・・
エ女王スポニチ

エリザベス女王杯の本命馬

kage

2017/11/11 (Sat)

大スポはスマートレイアー、スポニチはヴィブロスが
本命のようですが、現時点では後者が少し束を引き離しての
1番人気になってますね・・・
3月のドバイで勝っていることの評価がやはり高いんでしょうね!

エリザベス

マイルチャンピオンシップ・・・・混戦模様

kage

2016/11/16 (Wed)

<日刊スポーツより>

 今週は7週連続G1の第2弾、マイルCS。東京・松田直樹記者が、熱狂のまま終わった米大統領選をもじって「推し馬」アンケートの結果をお伝えする。「勝ち馬」1位は3歳馬ロードクエスト。2位から4位までも1票差で続き、本家同様の大混戦ムードを見せている。

 先日の米大統領選挙は全世界を巻き込んだ熱狂ぶりでした。注目の一戦という意味では、昨年最強マイラーのモーリスが勝った当レースも同じかもしれません。モーリス不在の今年は本家同様の大激戦です。ひとまず、勝ち馬の1位には3歳馬ロードクエスト(17票)が選出されました。

 NHKマイルC2着、京成杯AH優勝の実績は十分です。しかし、前哨戦の富士Sはまさかの9着。その後、同馬は初めて栗東に滞在し、調整をしています。“いったん負けることによって、勝つための新たな戦術が見えてくることがある”。これ、ドナルド・トランプ氏の名言です。「強靱(きょうじん)な差し脚はマイル戦でこそ」(千葉、80代男性)、「鬼脚がさく裂するか」(千葉、50代男性)。今回が初の京都ですが、滞在効果による末脚強化に支持が集中したようです。

 2位は僅差1票差でヤングマンパワー(16票)。「ついに本格化」(愛知、40代男性)、「強い勝ち方をする競馬が見たい」(愛知、30代男性)。前哨戦の富士S1着で評価は急上昇中。選挙直前で支持を集めまくった、トランプ氏に姿がダブります。第3の男にはミッキーアイル(15票)が入りました。個性は武器。センセーショナルな逃げ脚質には根強いファンがいるようです。

 “隠れマイラー”の支持を集めたのが中距離路線を歩んできたネオリアリズム(9票)で、穴馬1位を獲得しました。「混戦。ムーア騎手でチャンス」(東京、30代男性)。札幌記念勝ちなどの実績はありますが、今回は初のマイル戦。“経験”がないのは、次期大統領と一緒ですね。参謀を務めるムーア騎手の手腕に、期待が寄せられています。穴候補の2番手は4頭が8票、3頭が7票で並ぶなど候補乱立ですね。